とつぷろ。活動日記

【神納川滞在記録 9/12-13】

都会ではまだまだ残暑の厳しい9月、十津川の神納川地区に行ってまいりました!!
今回はメンバーの7人に加えて、外部からも2人の方が参加してくれました!
久しぶりに訪れた十津川では、彼岸花や見たことのない草花が咲いており、季節によりいつも新鮮な感動を与えてくれます…

今回の活動は一回生2人の自主研究を進めることが中心で、村役場の職員や現地の方々への聞き込みを通して、固有の植物の分布や、災害の様子などについて調べてきました。
また、山あいの畑で農作業のお手伝いをすることになりました。収穫後のトウモロコシを引っこ抜くという作業は予想以上にハードで、いつもこれをおばあさんがやっているのかと思うとびっくりしました。
元気でハツラツとしたおばあさんは、作業が終わると手料理をみんなにご馳走してくれました。畑でとれた野菜を使った漬物はとってもおいしくて、お茶っ葉で味付けしたお粥も香りがよく早々に平らげてしまいました…
二日目はあいにくの雨で、野外での活動はできませんでしたが、学校の掃除と、工房でとつるーむの看板の作成とを行いました。看板の出来栄えは中々のもので、とつるーむもどんどん事務所らしくなってきました。

短い期間でしたが、十津川での二日間は非常に充実したものになりました! 大自然の中で開放的になりすぎることもありましたが、有意義な活動ができたのではないかと思います。
十津川やとつぷろ。の活動に少しでも興味を持たれた方がおられましたら、是非ご連絡ください!!

14322674_856827597785826_1278703296319341731_n.jpg